読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなたけちゃん

18禁の話はこっちで書きます

当ブログのプライバシーポリシー

吉岡愛花 / せき 二人展 「密花結び」を見てきました

吉岡愛花さんの写真と、せきさんの絵を展示する二人展をやっていたので見てきました。会場は千駄木駅からほど近いところにあるCafe Gallery 幻です。

Cafe Gallery 幻

Cafe Gallery 幻(まぼろし) | 東京・谷根千

表通りから一本入ったちょっと分かりにくい場所にあるギャラリーですが、入り口にはこんなサインが出迎えてくれます。

カフェギャラリー幻

ギャラリー内に足を踏み入れると、愛花さん作のロープデコレーションが、シャンデリアを飾っていました。

ロープデコレーション

ロープデコレーションの端には、お人形が緊縛されて吊り下げられていました。こんな遊び心も素敵だと思います。

ロープデコレーション

愛花さんの作品

吉岡愛花

愛花さんの作品は、高橋みのりさんが撮影した緊縛写真、愛花さんは縛る側での出演です。縛られた女性に寄り添う表情がとても素敵でした。

吉岡愛花

額装はすべて細い縄で縛られています。細かい結び目が施された、繊細な細工がされています。この額だけでも作品になっていると思います。

せきさんの作品

f:id:take--chan:20170405224328j:plain

せきさんの作品は絵画です。少女が縛られている絵ですが、想像で描いた画が半分、実際にモデルさんがいるのが半分だそうです。中でも後ろ手合掌の絵はモデルさんがいるそうです。実は体の柔らかいモデルさんだと、後ろ手合掌しても特に苦しくないらしいのですが、僕が体が固いので、こんな体勢で縛られているのを見るとドキッとしてしまいます。

せき

 

会期は9日まで、お時間のある方は是非見に行って下さい。

 

関連ランキング:カフェ | 千駄木駅根津駅東大前駅

 

過去写真展記事

 

adult-takechan.hatenablog.com

adult-takechan.hatenablog.com

 

Hajime Kinoko写真展 花札緊縛美女 @クリエイションギャラリー日本橋箱崎

Hajime Kinoko写真展 花札緊縛美女 

Hajime Kinokoさんが、花札に擬えて12人の美女を花札の花と一緒に和の緊縛で撮った写真を展示する「花札緊縛美女」が箱崎のクリエイションギャラリーで展示されていたので、見てきました。

 

f:id:take--chan:20170227223939j:plain

アクセスはこちらです。最寄りは水天宮前駅。IBMのオフィスビルの近くになります。リンク内にアクセスマップが有ります。

www.m-cgn.jp

フライヤーはこちら。入場料が500円かかりますが、十分にもとは取れる料金設定だと思います。

f:id:take--chan:20170227223955j:plain

 

毎日モデルの美女も在廊されています

Kinokoさんのツイートによれば、会期中ほぼ毎日、モデルの美女が在廊されています。僕が行った日には吉岡愛花さんがKinokoさんと共に在廊されていました。 

 竹に飾られた和の空間

f:id:take--chan:20170227224000j:plain

ギャラリー内は、広い空間にただ写真が飾られているわけではなく、竹が立てられ、和傘や花が飾られるという日本庭園の中のような演出がされています。

f:id:take--chan:20170227224003j:plain

花と写真のコラボレーション

f:id:take--chan:20170227224005j:plain

会場内そこここに生花が飾られています。写真自体も花と緊縛のコラボレーションですので、会場内の花がすごくよく調和していました。

f:id:take--chan:20170227224134j:plain

動画で紹介

youtu.be

吉岡愛花さんが部長を勤めるART部が今回の展示の様子を動画で紹介してくれています。愛花さんがKinokoさんにインタビューしていますので、展示の狙いなどもよくわかります(丸投げ)

写真は和紙に顔料インクで印刷されていて、絵画のような雰囲気です

f:id:take--chan:20170227224137j:plain

写真は印画紙ではなく、和紙に印刷されているのも独特な雰囲気を醸し出しています。こちらは吉岡愛花さんがモデルの3月の桜です。

f:id:take--chan:20170227224139j:plain

こちらはツナマヨさんがモデルを勤める1月の松、雪の中での緊縛です。

f:id:take--chan:20170227224142j:plain

こちらの生花も良い雰囲気でした。

大御所からの花束がいっぱい

f:id:take--chan:20170227224144j:plain

SM界の大御所からの花束が所狭しと飾られていました。僕が居た間も紫護縄びんごさんや3代目葵マリーさんをお見かけしました。こちらが顔を知っているだけなので、ご挨拶はしませんでしたが、何か緊張してしまいました。

f:id:take--chan:20170227224222j:plain

1階のエントランスには葵マリーさんからのご派手な花束が。流石です。

 

会期は3月5日まで。僕的にはゆっくり見学できる平日の夕方から夜、特に吉岡愛花さんとツナマヨさんが在廊される3月1日がお薦めです。

 

過去のレポート 

adult-takechan.hatenablog.com 

adult-takechan.hatenablog.com

 

 

マキエマキ 空想ピンク映画ポスター展2でプチコスナイト @ラッキードラゴンえん

 先週お伺いしたマキエマキ空想ピンク映画ポスター展では、最終日の2月18日はセーラー服ナイトと称して、男も女もコスプレして楽しむ企画になっています。

adult-takechan.hatenablog.com

18日に訪問できないけどコスプレはしたいという人のために、バレンタインデーの14日には「プチコスナイト」と称して、マキエさんがコス在廊すると言うことになっていました。

そこで、僕もこの日に合わせて、コスプレしました。

メイド服 

f:id:take--chan:20170215231535j:plain

このメイド服は、お正月に秋葉原のアダルトショップ「ラブメルシー」のワゴンセールで3着3000円で入手したもの。レディースのMサイズオンリーだったので、きちんと入ることは期待していなかったのですが、ファスナーを上げてもらったら、すんなり上がってしまったので自分でもびっくりしてしまいました。

マキエさんと3ショット

f:id:take--chan:20170215233302j:plain

左側のセーラー服の方は、フォトグラファーさんです。この後、可愛く自撮りできるポーズとカメラの角度を研究していました。

マキエさんと2ショット

f:id:take--chan:20170215231556j:plain

マキエさんのコステーマは女教師だそうです。でも、網タイツに透けたブラウスから覗く黒ブラジャーって、そんな女教師いないだろって感じなのですが。

ボディコン

f:id:take--chan:20170215232143j:plain

もう一着、3000円で買った服の残り一枚です。体の線がバッチリ出るボディコンですが、マキエさんがポーズを付けてくれたおかげで、けっこうスマートに見えるショットになりました。

後ろの「変態熟女」のポスターとの対比が良い感じです。

 

個展で限定販売されている、ポスターデザインがてんこ盛りのzineも買うことが出来て、充実した一夜でした。

 

しつこいですが、18日の土曜日は男も女もコスプレでギャラリーに集まる「セーラー服ナイト」ですよ~。

 

adult-takechan.hatenablog.com 

adult-takechan.hatenablog.com

 

マキエマキ 空想ピンク映画ポスター展2 @ラッキードラゴンえん

 前回11月に渋谷で開催されたマキエマキさんの空想ピンク映画ポスター展。早くも第二回めの開催です。

adult-takechan.hatenablog.com

 

今回は、6月に個展を開催したことも有る、入谷のギャラリーバー、ラッキードラゴンえんでの開催となりました。 

adult-takechan.hatenablog.com

ラッキードラゴンえん 

f:id:take--chan:20170206204542j:plain

地下鉄日比谷線の入谷駅4番出口を出ると、歩いて2分ぐらいのぐらいのところにあります。

関連ランキング:バー | 入谷駅鶯谷駅

空想ピンク映画ポスター展 

前回渋谷で開催された時は、A2版(420×594mm)でしたが、今回は倍サイズのA1版(594×841mm)です。一段と迫力が増していますし、オリジナルのピンク映画ポスターのサイズになったので、リアルさも一段と増しています。

今回の会場は、雰囲気的にも、ピンク映画館の入り口ロビーのような感じもあります。

f:id:take--chan:20170206204547j:plain

映画のタイトルもコピーもマキエマキさんの妄想から出てきたオリジナルなのですが、とても完成度の高い仕上がりになっています。ネームの配置やフォントはマキエマキさんの旦那様の手によるものだそうです。愛妻のアラレもない姿に扇情的なコピーを貼ってゆく旦那様、素敵です。

f:id:take--chan:20170206204551j:plain

変態熟女シリーズは今回第三作まで出来ています。前回渋谷では「屋外露出編」でしたが、今回は「公衆便所編」と「夜の工事現場編」です。

f:id:take--chan:20170206204556j:plain

今回ご本人の自信作は、左側の「田中君のお母さん」だそうです。裸エプロンも扇情的な表情も畳にみかんも素敵ですね。

 

フードも美味しい

f:id:take--chan:20170206204559j:plain

ギャラリーバーですが、食事類もなかなか良いです。これはビーフストロガノフライス750円です。この他、サンドイッチなどもあります。

バーですので、各種ウイスキーやカクテルもありますので、大きなマキエさんに囲まれてゆっくりと過ごすことが出来ますよ。

18日はセーラー服ナイト

更に、18日は、みんなで(男も女も)セーラーコスをするというセーラー服ナイトです。前回は大盛況、シッチャカメッチャカだったらしいですが、今回はどうなるのでしょう。

僕は土日は厳しいので、来週の平日にもう一回行こうと思っていますが、その時はスカートを履いていこうかなと思っています。

 

なお、今回は前回渋谷で展示したポスターと今回展示したポスターを纏めたZINE(小冊子)の販売もあります。破格の1000円となっていますよ。

Love to Eros 3 (ラブエロ3)でHajime Kinokoさんの緊縛ショーを見てきました。

先日見学してきたラブエロ展、13日はHajime Kinokoさんの緊縛ショーがあるということで、会社を定時で上がって見学に行きました。 

adult-takechan.hatenablog.com

ショーは18時からの開始、10分前ぐらいに着いたら、開始を待つ方がステージ前の席に随分集まっていました。30人ぐらいいたでしょうか。

緊縛は世界のKinokoさん、モデルは霞さんです。

 

 

Kinokoさんの緊縛ショー

Kinokoさんの緊縛は、今回は和の雰囲気でした。スタジオ内に竹で組んだ吊床をセットしてスタート。

最初は座った体勢で荒縄で縛っていたのですが、前に座った人の頭と腕が重なってうまく写真が撮れなかったので、その後の麻縄の縛りからです。

f:id:take--chan:20170114092836j:plain

最初は立った状態で胸縄をかけてゆきます。

緊縛ショー

後ろ手拘束から胸縄が決まるまではあっという間です。

緊縛ショー

縄尻を吊り床に固定して

緊縛ショー

足を吊り上げて

緊縛ショー

この時点で完全に全身が宙に浮いています。

緊縛ショー

ここが凄いところで、仰向けに吊り上げていたところで体をくるんとひっくり返すだけで、逆海老吊りの変形のような形になります。この体制になると俄然本格的な責縄っぽくなってきます。

緊縛ショー

髪の毛も吊ってしまいます。こうなると霞さんは頭を動かすことも出来ません。手拭いで猿轡もされているので、凄く被虐感の伝わる構図になっています。

緊縛ショー

胸の吊り縄を少し緩めます。Kinokoさんの縄走りは凄く早くて、見ているとどんどん形が変わってゆきます。

緊縛ショー

逆さ吊りのような形になります。Kinokiさん両手では足らずに口も使って縄を扱っています。この頃から霞さんの表情がとろ~んとしてきました。

緊縛ショー

逆さ吊りから下に降ろされたところ。拘束は胸縄だけになっているのですが、まだ霞さんの表情は縄に包まれている感じですね。

この後、胸縄を解くのは普通はモデルさんを座らせて解くのですが、Kinokoさんは霞さんを横たわらせたまま優しく一本づつ縄を外してゆきます。見ていても綺麗だし、モデルさんも急に現実に引き戻されることが無いので、縄の余韻をたっぷりと味わえる良い方法だと思います。

 

コスプレも楽しみました

この日、まきえさんが巫女さんの格好で在廊されるということをツイートで見たので、僕もコスすることにしました。事前にまきえさんに打診したら「どうぞどうぞ」ということだったので。主催はJellyさんなので本当は彼女に許可を取らないといけないのでしょうが、まぁ何かあったらまきえさんのせいと言うことで。。。

 こんな格好です。

コスプレ

ちなみにこれ、撮影もまきえさん、なんと、メイクまでしてもらいました。ネットでは顔出せないんでお見せ出来ませんが、唇と頬に紅入っています。

 

そんなこんなでラブエロもあと2日、14日15日はまきえさん腹出しミニスカセーラー服で在廊だそうです。

14日は20時まで、15日は12時から18時までです。

 


 

Love to Eros 3 (ラブエロ3) を見てきました。

1/9-15まで箱崎のクリエーションギャラリーで開催されているLove to Eros 3を見てきました。

Love to Eros 3

f:id:take--chan:20161218151811p:plain

f:id:take--chan:20161218151838p:plain

最寄り駅は東京メトロの水天宮前駅。そのまま隅田川の方に歩いてゆくと、こんな看板があります。

看板

看板の矢印どおりに横丁を入ると入り口はこんな感じ

入り口

開催2日目、かつ平日の夜ということで、比較的空いており、ゆっくりと見ることが出来ました。

会場内は残念ながら撮影禁止だったのですが、中央にある顔出しパネルと、ラブエロ神社は撮影可能ということで、少しでも雰囲気が伝えられればと言うことで撮影しました。

ラブエロ神社

ラブエロ神社

こちらおみくじを購入すると、写ルンですのネガ当たり、そこからプリントをした写真を頂けるそうです。

その他物販としては、写真展の図録(1000円)や各写真家さんのポストカードなど。図録は別カットが収録されていますのでお買い得だと思います。

顔出しパネル

顔出しパネル

顔出しパネルはせっかくなのでマキエマキさんにハマってもらいました。

 

会場の様子

会場の様子は残念ながら撮影できないという事なのですが、まきえさんは頼んでみたら撮影させてくれましたので、展示の状況をお伝えします。

マキエマキ

会場の写真を撮影する時は必ず許可を取ってくださいね。

 

マキエマキさん 個展予告

ちなみに、マキエマキさんは2月に妄想ピンク映画ポスター展の第二弾が予定されているそうです。

マキエマキピンクポスター

個展案内

 

Love to Eros 3今後の予定

一方、Hajime Kinokoさんは13日の午後6時から緊縛ライブシューティングが予定されています。

 HajimeKinokoさん個展予告

HajimeKinokoさんは2月に同じ場所で個展をされます。こちらは和の雰囲気となるようです。

 

 花札に描かれる12の植物と美女をモチーフにした緊縛作品『花札美女緊縛』 ~十二季節、十二のお花、十二の緊縛美人〜の展示を2017年2月25日から3月5日まで、クリエイションギャラリー日本橋箱崎にて開催予定。

引用:http://shibari.jp/profile/

 

スタジオオール・インの新年会に行ってきました

普段お世話になっている四谷三丁目のスタジオオール・インで新年会をやるということで参加してきました。主催者のブログはこちらです。

kiriko07.blog41.fc2.com

 

衣装

出で立ち

最近、こういうイベントでは女装づいているので、今回はこんな格好にしました。秋葉原にあるアダルトショップラブメルシーでワゴンセールが有り、コスプレ衣装が3着3000円という破格で売っていたため購入したもの。ワゴンセールはレディースのMサイズオンリーだったので、入るかどうか心配だったのですが、ちょっときついぐらいで入りました。一度着てしまえば動くのに問題はありません。

後ろのロッカーが開けっ放しですねぇ

この時、他にはボディコンの衣装とメイド服を買ったのですが、メイド服はさすがに後ろのファスナーが上がりませんでした。後ろはこんな感じ

後ろ姿

今までの女装衣装はロングスカートが多かったので、超ミニスカートの衣装はコスプレっぽくて良い感じです。

ちなみにメイド服はこんな感じ。後ろ姿を気にしなくていいシチュエーションがあったら着てみたいと思います。

f:id:take--chan:20170108000103j:plain

今までこのスタジオのイベントでは到着したらすぐにTバックショーツ1枚になってしまう事が多かったので、この格好でいると、不思議に見える方もいたみたいですがすぐに溶け込みました。

僕の場合、こういうイベントではスーツ姿でいるのが一番違和感があると思います。

宴会

新年会では、参加者が色々なお酒やおつまみを持ち寄ってくれていて、食べて飲んでワイワイとやっていました。参加者は男女比が2:1ぐらい、女性の方も5人ぐらいいらっしゃいました。僕にとってはおなじみの方、お久しぶりの方、始めての方それぞれいらっしゃいました。中には普段ショーに出ておられる方もいらっしゃいました。皆さんお酒も料理もうるさい方が多いので、食べ物、飲み物のレベルは高かったです。

アトラクション

宴会のアトラクションは王様ゲームなど。命令はやっっぱり、「5番が8番をスパンキング」なんていうのが多かったです。誰がどの番号か分からないので、男性が男性をスパンキングしたりするシチュエーションもあって、まぁそれはそれで面白かったです。僕は幸か不幸か当たらなかったけど。

余興

せっかくなので、縛ってもらいました。今年初の逆さ吊り

逆さ吊り

逆さ吊り

この後、参加者の女性が手に手にそれぞれ鞭を持って集まってきて、四方から鞭で叩かれてしまいました。

 

股間にあるのはホタテの貝殻です。自作のホタテビキニを作ってみました。動くと中身が出てしまうので、サポーターとして、中に極小のGストリングのビキニを履いています。どれ位小さいかというと、これぐらい

極小パンツ

メガネケースと比べると小ささが分かると思います。これに収まるものってどれだけ小さいのかという問題は置いといて。。。。

一方のホタテビキニはちゃんと装着されているとこんな感じになります。

 

ホタテビキニ

 

 楽しい新年会を過ごせました。

過去記事

 

adult-takechan.hatenablog.com 

adult-takechan.hatenablog.com