おとなのお遊び

18禁の話はこっちで書きます

Ad by Medi8

久しぶりに川崎ロック座に行ってきました

この記事をシェアする

先日、すごく久しぶりにストリップを見てきました。

会社からも至近な川崎ロック座です。

川崎ロック

ご贔屓の雪見ほのかさんの12周年公演が彼女のホーム劇場、かつ会社至近の劇場と言うことで、会社帰りに寄ってきました。

川崎ロックと横浜ロック座は、最終回公演(だいたい夜8時半頃から)の時間になると入場料金が3000円に割引になります。(通常は5000円)

また、夜9時から10時頃まで、発泡酒(確かクリアアサヒ)が無料で配布されるというお得サービスもあります。

今回、最終回公演のほぼ頭から見ることが出来ました。登場順に感想を書いてゆきたいと思います。

西園寺瞳

正統派ストリップショーという感じでした。衣装もかわいいし、踊りも切れがあってきれいだし、踊りも青い鳥を探しに来た親鳥という感じだったのかな?ストーリーがあって、見ていて楽しかったです。

久我かのん

初来演という事だったので、新人さん?と思いましたが、名前に何か聞き覚えがあるな。と思ったら、彼女AV女優さんでした。SM系のかなり激しい責めを受ける作品に出ていらっしゃいます。

演目の方は、そんなAVの世界と間逆な溌剌としたもの。制服っぽい衣装と、その下の可愛いビキニで溌剌と踊る様子はほのぼのとしてしまいます。体つきもちょっとぽっちゃりとしていて、しかも僕好みのパイパン。更にびっくりするのは、彼女開脚しても具が見えないんです。いつもきれいな一本筋でした。AVの役の指向性を含めて僕好みです。

鶴見つばさ

ちょっと昭和っぽいキラキラした衣装でダンサブルに踊りまくる演目。ちょっとバーレスクっぽい、ザ・ストリップという感じの演目でした。

小春

AKBっぽい衣装だなと思ったら、タイトルが「好きだって言えなくて」だということなので、田村ゆかりさんをイメージしているのかな。そう言われればそんな気もします。

今回アイドル系の踊り子さんが多い感じです。一方で、AV女優兼業の方も多くて、小春さんも多くの作品に出演されています。

雪見ほのか

雪見ほのか

今回の僕にとってのメイン。踊り子さんで12周年っていうのは、キャリアが長い方なのだと思います。特に彼女はいつでもどこでも全力投球タイプなので、12年続いたのは驚きでもあります。僕が見ているのは最近2年ぐらいでしかありませんけどね。

演目の方は前半は可愛い衣装でアイドルっぽい踊りだったんだけど、衣装チェンジした後はハチャメチャな感じになって、舞台に仕掛けた縄で吊るした竹の棒に逆上がりしたりぶら下がったりブランコみたいに乗っかたりして、跳ね回っていました。

これは疲れそう。で、こんな疲れそうな演目を作ってしまうのがほのかさんらしいと思ってしまいました。

豆知識ですが、彼女もAV女優兼業で、かなりの作品に出ています。しかも縛られて虐められる系が多いです。←だから僕好み

 

鈴木ミント

彼女もAV女優だったんですね。物凄くスレンダーな方です。再始動と書いてありますが、しばらく休業されていたようですね。おかえりなさいと言うことで、ファンの方がいっぱい来ておられました。終演後のポラの列は一番長かったじゃないかな。

 

そんなこんなで、ほのかさんを見に行ったのですが、他の方もレベルが高く、最後まで堪能させて頂きました。

思い返すと、去年ほのかさんを見に行った、やはり川崎ロックで真白希美さんを見て、その踊りと身体の美しさに度肝を抜かれたことがあったので、やっぱり川崎ロックはレベルが高いです。