おとなのお遊び

18禁の話はこっちで書きます

カフェ百日紅 春の縄展

この記事をシェアする

板橋にあるカフェ百日紅で開催中の春の縄展を見てきました。

春の縄展

春の縄展 

緊縛師のレミコさんが主催する緊縛写真を中心とした展示会です。

 緊縛写真の他、巡さんのアクセサリーや森と花さんの革製品の展示即売もあります。

カフェ百日紅

会場になっているカフェ百日紅は板橋から歩いて5分ぐらいのところにあるギャラリーカフェです。

カフェ百日紅

入り口には普通のカフェのようなコーヒーとスコーンなどの看板があって、最初前を通った時は会場に気づかずに通り過ぎそうになってしまいました。

コーヒーの看板

スコーンの看板

でも、ちょっと別の場所に告知看板が出ています。

春の縄展

踊り子のお茶

ここは、ハーブティーが名物になっていて、ホットでも冷めてもおいしいのが特徴です。今回は三種類のハーブティーがラインアップされていました。

踊り子のお茶

踊り子のお茶というハーブティーを飲んでみました。ハイビスカスをベースにジュニパーやラベンダーを配合されているとのこと。ちょっと酸っぱくて花の香もする、華やかなお茶でした。

f:id:take--chan:20180408213851j:plain

棘のブレスレット

今回の展示では、もちろんレミコさんや相方のロープさん、それからYAGIEさんや悟空さんによる緊縛写真も素晴らしいですが、もう一つの目玉は森と花さんによる棘のブレスレットです。

棘のブレスレット

見るからに痛そうな棘が手首の方向に植えられたブレスレット。他の首輪や手枷は売り物ですが、このブレスレットだけは非売品で試着自由となっています。

早速はめようとしてみました。僕は男性としては手首がかなり細いほうだと思っているのですが、それでも、ギリギリはめられない太さで、自分でははめることが出来ませんした。と思ったら、店内に居たお客さん(この人は実はTwitterで相互フォローしている方だということが後で判明しました)に手助けしてもらって、嵌めることが出来ました。

棘ブレスレット

しばらくはめていると、段々と棘が手首に食い込んできて、痛気持ちよかったです。

棘ブレスレット

装着を手伝ってくれた女性によると、このブレスレットを男性で付けた人は多分居ないだろうという事と、これをつけて、うめき声一つあげずに淡々としていた人も始めてみたという事でした。我慢強いマゾとして光栄です。

痕

外した後は、こんな感じに棘の痕がつきました。

緊縛写真

緊縛写真は一部だけ撮影禁止のサインが出ていたので、他は撮影OKと思うのですが、あんまりお見せしても興ざめだと思うので、一枚だけ。興味があったら是非現物を見に行って下さい。

緊縛写真

そして、棘ブレスレットも是非体験してみてくださいね。

会期は4月23日まで。定休日は火曜日と水曜日。

営業時間は15:00~23:00です。

 

関連ランキング:喫茶店 | 下板橋駅板橋駅新板橋駅