おとなたけちゃん

18禁の話はこっちで書きます

感想文

感想文 家畜人ヤプー あとがき 沼正三 著

元々、5分冊の一巻づつエントリーを上げている時点で、冗長かなとは思っていました。更にあとがきだけで感想文を書くのもひどい話だなと思います。ですが、ちょっとした発見がありありましたのでお許し下さい。 捕虜生活で経験した絶対的隷属 あとがきで、…

感想文 家畜人ヤプー 第五巻 沼正三 著

ついに全巻読了しました。読み始めたのは5月半ばですので、文庫5冊読むのに3ヶ月かかっています。本を読むのは毎日の電車の中、あるいは出張時の飛行機の中なんですが、日々の電車の中では殆どTwitterを見て過ごしてしまっておりますが、それにしても遅読で…

感想文 家畜人ヤプー 第四巻 沼正三 著

事務連絡:メインブログの「たけちゃんのあんなことこんあこと」から、お酒関係の記事および性的表現が含まれる記事をこちらに転載しました。 ツイ廃なのですっかり遅読ですが、やっと第四巻を読了しました。全五巻なのでもう少しで全巻完了です。 前回書い…

感想文 家畜人ヤプー 第三巻 沼正三 著

やっと第三巻読了しました。 基本、読書は通勤の電車の中なのですが、ついついツイッターのタイムラインを追っていると、本を読む時間が無くなってしまうのです。。 さて、第三巻は今までと毛色が変わり、SMよりもSF色が強くなっています。糞便や嘔吐物が出…

感想文 家畜人ヤプー 第二巻 沼正三 著

引き続き、第二巻読了しました。 adult-takechan.hatenablog.com 第一巻で、未来世界イースに到着したクララと麟一郎ですが、第二巻では遂にイース人クララとヤプーのリンになってゆく過程が書かれています。この巻でも、「芸が細かいなぁ」と舌を巻く描写が…

感想文 家畜人ヤプー 第一巻 沼正三 著

本のレビューですが、題材があれなんで、こっちで上げたいと思います。 家畜人ヤプー 第一巻 沼正三 著 あとがきによれば、本小説は、1957年12月から1959年6月にかけて、雑誌「奇譚クラブ」に連載されたものを加筆修正した上で単行本となり、紆余…