読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おとなたけちゃん

18禁の話はこっちで書きます

当ブログのプライバシーポリシー

ふともも写真の世界展に行ってきました。

ちょっとエッチな話

今日のネタはちょっといつもと違うテイストです

(実際の私を知っている人は、「ついに本性を出したか」と思うかもしれません)

 

ちょっと性的表現が含まれます。潔癖症の方は見ないほうが良いかもしれません。一応

【閲覧注意】

 

 

 

ふともも写真の世界展に行ってきました。

4/22~5/15までの間、浅草橋と秋葉原の間の鳥越二丁目交差点近くにあるTODAYS GALLERY STUDIO/レンタルスタジオ&ギャラリーで、女性のふとももをモチーフに作品を撮り続ける写真家・ゆりあさんの個展「ふともも写真の世界展」が開催されています。

公開初日の4/22に見に行ってきました。

ふともも写真の世界展 (開催者サイトへリンク)

 会場に着くと、建物の入口でふともものポスターが迎え入れてくれます。

f:id:take--chan:20160423041509j:plain

会場に一歩足を踏み入れると、会場内は、隙間なく展示された

ふともも写真!!

f:id:take--chan:20160423211049j:plain

10代の若い女性(に見える)ふとももばかり、ミニスカ制服か、体操服(ブルマ)、スク水、テニススコートを身にまとった女の子のふとももがこれでもかと目に飛び込んできます。

 

館内は、写真撮影可能となっていて、SNS投稿、ブログ紹介自由です。ただ、他の見学者が入らないように気をつけて下さいとのことでした。

館内は、男性7割、女性3割ぐらいでした。

最近フェチイベントや写真展だと、女性のほうがむしろ多い印象なのですが、この写真展は、この時点では男性の方が多かったですね。しかも高校帰りっぽい男の子が多かったです。展示は18禁では無いですからね。

 

 

ここは女子校か?

f:id:take--chan:20160423041545j:plain

f:id:take--chan:20160423041604j:plain

僕は好みとしては、楽器を持っている制服姿の女の子が好きです。軽音楽部の女の子って、他の子よりスカート丈を一段と短くして、男子とも対等にサバサバと付き合う、活発な女の子ってイメージがあります。

僕自身は、高校は男子校だったんですけどね。

f:id:take--chan:20160423041624j:plain

f:id:take--chan:20160423041705j:plain

あと、仲良しの女の子同士が、ベタベタ・キャッキャッしているのも見ていて微笑ましいです。

共学の高校、でなけでば、活発な女子の多い女子校に紛れ込んだような錯覚を覚えます。

 

 

一面の女の子のふとももが

f:id:take--chan:20160423041643j:plain

展示室はメインの部屋と、小部屋があって、小部屋の方は、四方の壁と天井に小さめの写真を隙間なく敷き詰められています。

もう、、、圧倒されまくりです。。

 

 

f:id:take--chan:20160423041742j:plain

5月4日にはバルコニーに足湯ができるそうです。ただし入れるのは女性のみ。ふともも写真を見ながら生足を見ることが出来るという、主催者側の意図が透けて見えますが、まぁ、良いでしょう。

 

f:id:take--chan:20160423041805j:plain

大判のパネル(ほぼ等身大)がバルコニーにも展示されていて、こうやって見ると、ドキッとします。

写真を撮っていませんが、物販もあって、写真集(1800円と1000円)、ポストカード(1枚200円、8枚パック500円)、缶バッジなどを販売しています。

 

ゴールデンウイークもやっていますので、興味がある方は覗いてみてください。

 

【開催日時】2016年4月22日 (金) 〜 5月15日 (日)
      11:00~19:00
【会  場】TODAYS GALLERY STUDIO
〒111-0053
      東京都台東区浅草橋5-27-6 5F
【入 場 料】500円 / 3歳以下は入場無料
【休 館 日】毎週月曜日
      ※ただし5月2日(月)は開館
      ※振替の休館日はございません
【主 催】株式会社BACON / 03-5809-3917
【U R L】http://www.tgs.jp.net

 

 残念ながら行けない方は、写真集もありますので、紹介しておきます。

 

take-chan.hatenablog.jp

 

 

take-chan.hatenablog.jp